不当要求・悪質クレーマー対策 | 弁護士法人 古河法律事務所|古河市 小山市 栃木市 境町 結城市

不当要求・悪質クレーム対応

企業がいかに誠実に顧客対応をしていても,クレーマーにあたることは少なくありません。
クレーマーの例としては,店舗や事務所で騒ぎ立てる,電話で激しい・執拗な要求をする,企業の価値をおとしめるような脅迫をするなどがあります。
こうした悪質なクレーマーに対しては,法律に基づいた対応をとることが可能です。また,企業の担当の方だけでは相手が収まらない場合でも,第三者として弁護士が介入することで紛争を収束に向かわせることができる場合もあります。これまでクレーマーの被害に遭った企業や,対応策を検討しておきたい企業の方は,是非弁護士にご相談ください。
また,不当な要求をする相手が暴力団の場合には,別に暴対法に基づく措置もありますので,暴力団対策についてもご相談ください。

ご相談の例

  • 暴力団からお金を払うよう要求されたらどうすればよいか。
  • 店の前で文句を言い続けて帰ってくれない人がいる。
  • 商品に関する苦情の電話を延々とかけ続けられている。
  • クレーマーへの対応として法的にとれる手段はどのようなものがあるか。

より詳しい情報については,以下のサイトへ

顧問弁護士・企業法務サポート

法律相談のご予約

予約専用受付:0280-21-1551

相談受付時間:平日9:00~20:00 土日祝日9:00~20:00

ご予約で夜間も相談対応いたします。

メールフォーム

主なお客様対応エリア