企業犯罪・刑事事件 | 弁護士法人 古河法律事務所|古河市 小山市 栃木市 境町 結城市

企業犯罪・刑事事件

企業による違法な利益追求行為に対しては,各種の法律で刑罰による規制がかけられています。
企業は,労働者や会社所有者である株主,取引先や消費者に不当に損害を与えてはならず,たとえば労働者を強制的に働かせれば労働基準法違反として罰則の対象になりますし,粉飾決算を行えば会社法の特別背任罪や金融商品取引法違反となることなどがあります。また,独占的な取引や不公正な取引を行えば,独占禁止法等にも問われます。
企業犯罪は企業の信用に関わる重大事項であり,こうした犯罪が起こらないよう未然に防止するため,また万が一犯罪が生じたときのためにも,専門家である弁護士へのご相談をおすすめします。

ご相談の例

  • 企業が罰則等を受けるものにはどのようなものがあるのか。
  • 従業員に長時間労働をさせたと言われている。会社が処罰されることもあるのか。
  • 粉飾決算が発覚してしまった。どのような責任が生じるか。
  • 社長が逮捕されてしまった。警察署から外に出られるようにしてもらいたい。

より詳しい情報については,以下のサイトへ

刑事事件相談弁護士サポート

顧問弁護士・企業法務サポート

法律相談のご予約

予約専用受付:0280-21-1551

相談受付時間:平日9:00~20:00 土日祝日9:00~20:00

ご予約で夜間も相談対応いたします。

メールフォーム

主なお客様対応エリア