債権回収 | 弁護士法人 古河法律事務所|古河市 小山市 栃木市 境町 結城市

債権回収

企業が活動をしていると,様々な取引先と関係することになります。企業の決済には売掛金や買掛金が用いられます。
そのため,未払い(未回収)の債権が残ることがあり,これをいかに回収するかが重要です。
債権回収の方法には様々なものがあり,かかる時間や費用も異なります。それぞれの手続の特性を理解して,手段を選択する必要があります。
さらに,将来的に約定どおりの支払いが行われなくなるリスクを見越して,契約の場面において担保を設定するなど,将来の債権回収を容易にする方法についても十分検討がされるべきです。
また,2020年4月の民法改正によって,消滅時効の規定が新しくなりました。債権者にとっては時効期間を正確に把握していないと,請求できると思っていた権利が請求できなくなるリスクがありますので,注意が必要です。

  • 取引先に商品を納入したが代金が払われていない。どのように請求したらよいか。
  • 債務者のほかに連帯保証人がいるが,両方に請求してよいのか。
  • 相手に請求をしたが時効で消滅していると言われた。
  • 時効期間が迫っている。消滅時効にかからないようにするにはどのような方法をとればよいか。

より詳しい情報については,以下のサイトへ

顧問弁護士・企業法務サポート

法律相談のご予約

予約専用受付:0280-21-1551

相談受付時間:平日9:00~20:00 土日祝日9:00~20:00

ご予約で夜間も相談対応いたします。

メールフォーム

主なお客様対応エリア